根昆布を選ぶ時のポイント

根昆布には羅臼根昆布・利尻根昆布・道南根昆布・日高根昆布・がごめ根昆布・猫足根昆布など意外に多くの『種類』があります。これらの根昆布はそれぞれ特徴があり、その味や色や粘りに違いがあります。

数ある根昆布を大きく二つに分けると『粘りのある根昆布』と『粘りがない根昆布』になります。粘りがない根昆布は、羅臼根昆布・利尻根昆布・道南根昆布・日高根昆布があります。粘りのある根昆布には、がごめ根昆布・猫足根昆布です。

粘らない根昆布水

昆布に詳しい方なら「粘がない根昆布は、だし用の昆布同じだね」ということに気がつくでしょう。だし用昆布は味やうまみを優先するので味を損なう粘りが出ない昆布が好まれます。粘りがなくお水がサラっとしているので飲みやすく、まただし用に使う昆布の根昆布で作るから味やうまみは太鼓判です。

だし用昆布の根昆布で作った根昆布水の味の特徴

  • 羅臼根昆布:甘みとうまみが最も豊富でおいしい。粘る根昆布や薄い味がキライな方なら羅臼根昆布がおすすめです。長時間つけると海藻臭さが出てしまうので注意
  • 利尻根昆布:昆布の繊維が堅いので昆布からエキスが出てくる前に最も時間がかかる昆布。しかしじっくり浸けだした根昆布水は上品で甘みが濃厚でスッキリおいしい。
  • 道南根昆布:こちらも上品でほのかな甘みが特徴。特に関西方面ではこの味に慣れしたしんだ方が多いと思います。
  • 日高根昆布:お値段的にももっとも手頃で昆布水だけでなく料理のだしにもよく使われています。その味はやや海藻臭さがありますが、味にクセはなく飲みやすいです。昆布の繊維が柔らかいので浸け終わった昆布も食べやすいです。

飲みやすくて美味しい根昆布水なら習慣づけもしやすいし、何より自分から飲みたくなる根昆布水です。

粘る根昆布水

粘る根昆布のがごめ根昆布と猫足根昆布ですが、これらはだしとしては使われていませんが食品として使われていて、松前漬けの粘りにはがごめ昆布が使われていますし、とろろ昆布の原料などに猫足昆布は使われています。なのでだし用でなくても根昆布水はなかなかおいしいです。ただし、粘りによって飲みにくさがあります。だし用として使われなかったのはこの粘りが多すぎるためでした。

しかし、昆布の粘りに対する研究が進み粘りの中に食物繊維であるアルギン酸やフコイダンといった栄養分が多く含まれていて、これらの粘りを摂ることで体を健康な状態へ導いてくれることがわかって一大ブームにもなりました。

  • がごめ根昆布の粘りは透明で堅さはそれほど堅くありません。香りはほのかに磯の香りがして味はそれほど感じません。
  • 猫足根昆布の粘りは褐色が強く麦茶のような色が出ます。香りも少し独特なものがありクセが強いですが、粘りはがごめ根昆布より強く堅く、値段も安いので特徴的なクセが体に合えばお得な根昆布でしょう。

まとめ

根昆布から粘りが出た根昆布水は、お水に生卵の白身を浮かべて飲むような感じで正直誰にでもすすめられる物ではないと思います。根昆布初心者の方は最初に飲みやすいだし用昆布の根昆布をお試しいただいて、その飲み口や毎日飲む事になれてきたらがごめ根昆布や猫足根昆布に変えていくといいんじゃないかと思いますが

「私は生たまご丸ごと飲めますよ!」という方は最初からがごめ根昆布でもいいと思います(笑)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA