根昆布水に温かいお水を使わない

根昆布水を作る時、お水で作るのと温かいお水で作るのでは、粘りの出方に違いを感じます。

具体的には常温のお水だと粘りを出すのに少し時間はかかるけど堅めでしっかりした粘りがでて、暖かいお水では粘るまで少し早いけど粘りが柔らかい、それに粘りが少ないように感じます。

がごめ昆布の粘りは熱に弱く暖めると粘りがさらさらに変わる性質があるので、粘りが少ないのではなく粘りが熱でなくなったのかもしれません。

できれば、根昆布水を作る時は常温で作ってください。

(追記)先日猫足根昆布を、常温のお水と熱湯で浸けて粘りを比べてみまたところ、熱湯では全くと言っていいほど粘りませんでした。根昆布水を作るときはやはり常温のお水が良いです。